Top
ページ
外壁塗装の
塗料について
外壁工事
悪徳業者
運営組織
会社案内
相談
問い合わせ
サイトマップ

工事種目:
シリコン塗装
フッ素樹脂塗装・施工
外壁塗装・屋根塗装
コーキング・目地張り
亀裂、ヒビ、割れ修理 
チョーキング対処
外壁修理・クラック修理
防水塗装、床防水
モルタル外壁塗装
サイディング外壁塗装
外壁工事


外壁塗装の価格・相場

   一般の木造住宅は、約8~10程度後から家のメンテをそろそろ考えなければならない
時期になります。「外壁塗装」もその一つですが、外壁塗装の費用・価格は、相場が
難しく、一体本当はいくらかかるのか、不透明なところです。どの塗装屋もうちが正し
いと主張しますが、それが本当の相場なのか?いろいろな塗装屋がいろいろいうので
更に混乱してしまいます。 また見積をみてもその見積項目が、外壁塗装に本当に必要
なのかさえわからない、だれに相談していいのか迷ってしまいます。

外壁塗装の価格:良く使われるシリコン塗料での価格

   外壁塗装の価格を考えるのに、住宅例を考えます。 外壁の面積150平米、サイディング
その他の役物などを鑑み、例をしめして考えます。 自社施工の外壁塗装専門会社
 
  2階建、建坪20坪、66平米、外壁は、2色、窯業サイディング
雨戸を抜かした外壁の全面積の合計150平米程度、この外壁の再塗装
したときの価格を出してみます。 塗料は今最も信頼され、コストパーフォマンスの
優れたシリコン樹脂塗料で、サイディングの外壁に適切な塗料である
下地用:パーフェクトフィラー、中・上塗り:ファインシリコンセラUVでの
外壁塗装での具体的な価格を知ってもらいます。 この価格は、ある塗装専門
の会社での普通の価格です。

   
  南面: 
外壁部分: 45平米
西面: 
外壁部分: 35平米 

   
  北面: 
外壁部分: 40平米
東面: 
外壁部分: 30平米

   1、高圧洗浄: 単価¥100/平米 X 150平米 = ¥15、000
 2、足場の費用: 単価¥500/平米 X 180平米 = ¥90、000
 3、下地補修、下地修理 ・・・ 今回は考えない
 4、下塗り:パーフェクトフィラー: 単価¥500/平米 X 180平米 = ¥90、000
 5:中塗り:
   ファインシリコンセラUV: 単価¥700/平米 X 180平米 = ¥126、000
 6:上塗り:
   ファインシリコンセラUV: 単価¥700/平米 X 180平米 = ¥126、000
 7:その他の塗装ヶ所:雨樋(縦樋、横樋)、破風部分他:        ¥50,000
 8: 外壁塗装工事計 ¥ 497,000(税抜き価格)
   下地(サイディング)の不具合:亀裂、ヒビ、欠け、チョーキング、クラックなどがないことを
前提で、外壁の補修なしでの再塗装の費用です。 この価格は、ある外壁塗装専門店での
費用になります。 あと会社経費:駐車代、交通費などが、場合によっては請求される場合
があります。 東京23区、埼玉県南部、千葉県西部、神奈川県北部では、余計な経費は
ありません。 また役物:雨樋、破風、雨戸(今回のサンプルはなし)、ベランダなども同時に
塗装することもあります。 その費用もサンプルの「家」での計算上、計上しています。

●その他の塗料での価格:

   シリコン系は一番コストパーフォマンスの高い塗料と言いました。では他にはどんな塗料
があるのか?それをお知らせします。 また下地(外壁塗装をするターゲット材)の違いに
よって、適用する塗料も違います。
  1:フッ素塗装・塗料
 塗料の中に含まれる樹脂にフッ素成分が含まれているもの。 下地塗りの塗料も変わり
ます。と言うのも、下地塗りは、下地とに対して中塗りの塗料の密着性を高め、塗料がより
上手く外壁に付くように選ばれます。 フッ素塗装の相場:足場、高圧洗浄、下塗り、中塗り
上塗りを含めて、¥5,000/平米程度、シリコンの同条件ですと、¥3,000/平米と比
べても、高いです。 しかし、耐用年数は、15年と長いです。 再塗装のサイクルを考えると
フッ素の方が、コスト的には有利になりますが、長いスパンでの考えになります。
  2:ガイナ:断熱塗料
最近では、スペースシャトルの技術を生かした断熱材として静かなブームを起こしている
「ガイナ」。塗料が断熱の効果を持っているという新しい塗料です。メーカーの実験資料を
みると、かなり効果のある結果がでていますが、お客様の外壁が同じ効果を期待できるか
は、いろいろ調査してみないと、確証がもてません。 しかしその成分の説明、技術的な検証
は、納得するものがあるので、条件さえあえば信用しても良いかな?という製品です。
いろいろ実績が積み重なると、信頼も出てくると思われます。 ¥5,000/平米程度

サイトからの調査コメント;価格、費用、概算、相場

  外壁塗装の価格・相場・費用について、Web上にて調査したところ、相場は難しですが、価格についての情報は沢山あります。それぞれについての考察をしてみたいと思います。「外壁塗装」でYahooの検索をしてみますと 1位から10位までに、各業者の外壁塗装価格、費用が記載された記事が出てきます。外壁塗装の価格・相場・概算にも通じます
  外壁塗装の価格で、見積金額が300万円が90万円になったの記事がありました。しかし、これは事実としてもどのくらいの外壁塗装面積かが記載されていませんし、具体的な外壁塗装の使用した塗料、下地の調整、ウレタンなんのか?シリコン塗料なのか、はたまた高級品の塗料なのか、全く記載がないので、300万円は法外な金額、価格ですが、90万円が果たして妥当な金額なのか判断ができません。ただただ300万円は高い、それを90万円にしたとの主張のようですが、90万円も高い可能性があります。300万円は確かに法外な、相場から見ればとんでもない価格ですが、建築会社や工務店の見積価格としては、決して珍しい金額ではありません。 この価格で実施したお客様も多数いらっしゃいます。損したと電話をかけてくるお客様も多数います。相見積をとることは重要なことですが、相場を知らないと、90万円も相場かどうか?判然としないのが、この業界なのです。
 
  次に、外壁塗装のおおよその価格表があります。アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗装、断熱塗装、光触媒塗装と6つの塗料に対して、各外壁塗装の面積ごとの価格を表示しています。価格だけみたのでは、この表の意味が分かりません。縦の項目は坪数で多分これは建坪を言っているのか?と想像しますが、これについては何も説明がありません。外壁の面積では、辻褄が合わないので、建坪、または1階の面積と思われます。家の建坪に対しておおよその外壁塗装の面積を何かのモデルを使って、外壁の面積をモデル化して、単価をかけて作られた表と思われます。しかし、外壁塗装は、その価格、費用の中には、外壁面だけではなく、雨樋、けらば部分、軒天といって屋根と壁の間の箇所、雨戸の部分、下屋部分、バルコニーなど様々な付帯箇所がありその説明も全くありません。この価格表を別な観点から見ると、つまり、各塗料の違いで、価格がどうなっているのかを言いたい趣旨ですから、例えば非常に一般的になっているシリコン塗料を”1”として、アクリル、ウレタン、フッ素、断熱、光触媒がどれだけの比率の価格・相場になっているのかを計算してみました。
 
  15坪の広さで計算すると、シリコンで \745,500を1としたとき、ウレタンは 0.925、アクリルは 0.873、フッ素は、1.169、断熱塗装は;1.282、光触媒塗料は;1.410です。 割合から言えば、一番高級品の光触媒塗料で、約 1.4倍の価格でした。 では、この割合が他の坪数でも同じなのか?を検証しました。例えば倍の建坪と思える30坪では、シリコン塗料の価格は、外壁塗装の費用ですね、そのお値段は、¥1,113,000-です。15坪の単純な倍ではないです。その割合は、1.492倍、あれ?面積が倍になったら、外壁の面積は2倍にならないのか?実はなりません。その家の形に依存しますが、下の図をみてください。
 
  この図の家の建て方では、建坪が2倍になったら、外壁の面積は、1.5倍です。普通の家はこの計算でおおよその外壁の面積がわかります。もちろん窓、玄関、扉などは考慮してませんので、この面積より狭くなります。全面外壁の場合の面積になります。建坪が2倍になったら、外壁の面積は、1.5倍、では、このWebの表では、そうなっているでしょうか? シリコン塗料で15坪の建坪の価格・費用は、\745,500円、30坪でのシリコン塗装では、建坪が2倍では、外壁の面積は、1.5倍のはずですから、\745,500の1.5倍で、\1,118,250-のはずですが、 \1,113,000でほんの僅かですが、安いです。 あれ?となりのウレタンの価格をみると、15坪で \693,000-ですが、30坪では、1.5倍のはずですが、つまり価格は、\1,039,500-で、これより高い! う~~んなぜでしょうか? シリコンの場合は、30坪の方を、割合から計算して、同じで、ウレタンの塗料ですと、計算より高くしている。 では、アクリルでは、同様に15坪では、\651,000- 30坪では、1.5倍では、\ 976,500-で \1,050,000と計算より高くなっています。ちなみに、フッ素では、同様に15坪では\871,500-で30坪では1.5倍の \1,307,250- のはずが、\1,491,000-とこちらも高い価格になっています。他もこの計算をしてみましたが、どうも建坪によって、つまり外壁の面積と塗料の各種価格が、同じ条件なのに、計算上は、同じ割合になっていません。なにか、意図的にシリコン塗料を安く見立てるように誘導しているとしか思われないです。
  外壁塗装工事各工事項目の単価一覧;

ある外壁塗装工事サイトのページに、外壁塗装工事の
価格、単価が出ています。平米(㎡)単価とあります。

足場: 600~800円/平米
高圧洗浄 200~250円
養生:  300~500円
飛散防止ネット 100~180円
シーリング 打ち替え900~1,200円
打ち直し700~900円
下地補修 17,000~20,000円
下塗り 600~900円
外壁塗装(中塗り、上塗り;仕上げ塗りです通常2回以上です)
アクリル 1,000~1,200円
ウレタン 1,800~2,000円
シリコン 2,500~3,500円
フッ素 3,500~4,500円
光触媒・無機塗料 5,000~5,500円
遮熱(ガイナ等) 5,000~5,500円
  足場の価格は、広さで請求されます。足場250㎡とは、例えば家の周りをぐるっと4方向囲む足場を建てたとすると、東西南北で4面、横幅X高さは2階建てで約6m程度の高さです。この4面全部の総面積が、250㎡の広さの足場を建てるのです。かける単価、例えば100㎡の屋根の広さであるなら、4方向ずべて囲む足場の面積は、おおよそ250㎡です。屋根、家の建坪、1階の面積どちらでも良いのですが、その面積が広くなれば足場の面積も当然広くなります。この㎡単価(1㎡あたり)が600円~800円ということです。 足場は簡易な鉄のパイプでできていて再利用されます。通常は外壁塗装屋ではなく別の足場業者がいてここに依頼する形です。屋根100㎡では250㎡の足場が必要ですので、その足場の価格は、単価800円とすると、20万円にもなります。足場を設置するのに、この広さですと、3人の作業員で一日かかります。飛散防止ネットとは、ペンキ、塗料が隣の壁、塗らない別の箇所を汚さないようにその塗料の飛散を防止する目的で設置します。足場にくくりつけて設置します。養生とは、塗料が塗りたくないでも塗装面の近辺にあっら、そこをマスクする隠してペンキが付かないようにするためのマスキングの作業です。これをやならいと汚い仕事になってしまいます。別途項目に挙げない業者もいて、塗装の価格に含ませてしまうこともままあります。でも別の別項目の工事工程です。結構手間がかかります。
  シーリングの価格は別に書いてありますが、シーリングとは外壁の材料のつなぎ目に埋めたパテ、またはシリコン系のコーキング材です。隙間を埋めて雨が侵入するのを防いでくれます。このシーリング、あまり長持ちがしないので、こまめに交換の必要があるのですが外壁塗装の機会に行うのが通例になってしまいました。外壁を家を守る為には欠かせない施工になります。打ち替えは古いものをすべて撤去して新たに施工すること、打ち直しは古いシーリングの上に重ね塗り、重ね施工をすることになります。それぞれ価格が違います。当然重ね塗り、重ね施工が手間もかからず安い価格になります。ここにはありませんが外壁の洗浄をして塗装をするのが当然で高圧に水を噴射して外壁面の汚れ、汚物、カビ、苔等を除きます。これをしないと塗料が異物とともに剥がれてしまうか、塗料そのものの色を変えてしまうので、必須の項目です。何故ないのか?理解できませんが、忘れているのならよいですが、必ずある工事項目になります。価格は単価100円程度になりますので、25,000円程度です。下地補修の価格ですが、下地の補修とは下地調整とも言い、塗料が特に下地剤、下塗りという仕上げ塗料の前に塗る塗料が良く粘着するように下地、塗るターゲットを仕上げることを言います。この下地・ターゲットの表面が破損していたり、汚れ、性質が均一でないと下地塗りが上手くいきません。つまり仕上げも上手く綺麗にならないのです。例えばモルタルの壁が凹み、ざらざらと傷んでいたり、また金属の外壁なら錆、苔、カビなどが付着していれば、当然塗料ののりが悪く綺麗に仕上がりません。この下地の補修、修理、下地調整は非常に大切な工程なのです。しかし、下地の修理も多種多様で、従ってその価格は相場というものがあるのか?非常に疑問に思うのです。外壁の修理と考えても良いと思いますので、その価格・相場は難しい
  下塗りですが、下塗りとは、仕上げ材の塗料とは少し目的が違っていて当然価格、単価も違います。一般には仕上げ材のシリコン塗料、ウレタン塗料、フッ素塗料とは材質も違うし、価格も違います。でも必須の塗料です。 これの価格は、仕上げ材、ターゲットが何になるかで決められますが、おおよそ表の価格、単価になっています外壁塗装の塗料は、ここでは6種のものが上がっています。この価格は塗料の材料費、職人の塗装を実施する工賃で表されています。殆ど塗る手間は同じですが価格は何故違うのか?費用に何故違いがあるのかというと、塗装そのものもの価格、仕入れ価格の違いです。ここで大切なのは塗料のメーカーが公表している価格ではなく、実際の外壁塗装業者がメーカー、実際は塗料の問屋から仕入れる価格の違いといことを分かってください。つまり塗料のメーカー公式価格がいくら高くても実際の仕入れ価格は安いかもしれません。またシリコン塗料はウレタンより表示価格、メーカー希望価格、または実勢価格が高くても、メーカーからの仕入れ価格は安いこともあるのです。またメーカーが公表している価格表は、あくまでもメーカー希望小売価格であって、今はこのような表記は許されませんが、実際は塗装屋さんが買う価格ではありませんので、ご承知おきを。
  また、塗装の部位によって、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、断熱塗料の価格帯がすべて500円程度の違いになっていますが、その価格差が綺麗に並んでいて、作為的に作った感が強いです。果たしてこの価格の段階が塗料の質に直線的になっているのか?甚だ疑問に思うのは私だけでしょうか?塗料のメーカーがいろいろな材料を混合して、主に耐用年数、ツヤほかいろいな機能を実現しています。しかし、本当は下位の塗料の方が材料、製造プロセスが安くできていても、上位の塗料より安くするわけはないです。したがって価格の差は耐用年数の差とイコールだと宣伝することが寛容、広告的に重要な戦略で消費者にそれを信じさせるよういろいろなメディアをつかって知らしめるのかもしれません。これについてはこれから調査したいと思います。なにせ、シリコンはやりの世の中です。それより下位の塗料より安いかもしれないです。また屋根の塗料であるトタン、金属用の塗料ですとアクリルが1,000~1,200円でこれは瓦棒屋根の塗料の価格と同じですが、コロニアルのものとは、700~1,000円と少しコロニアルが安いですが、塗料の成分が違うというかもしれませんが、その価格の差があるのか?説明されていません。また陶器瓦は原則塗装はしない材料で、焼き瓦は陶器瓦なので陶器に塗装はしませんし、素焼きの瓦なら可能性はあるでしょうが、陶器瓦では塗装は必要ないと思います。木部の塗装は寿命が短く、この価格は塗装の価格ですが、寿命3,4年程度ですので、この費用で塗装をするのはコストパーフォーマンスが悪過ぎます。

外壁塗装の見積について;サイトの考察

 
  この例では、外壁の面積は130㎡、屋根の面積を80㎡としています。足場の単価は高いほうで、800円/平米で128,000円、高圧洗浄は屋根と外壁との合計で210平米となっています。塗装をする際に必要な養生として、防護ネット、マスキング作業、材料費用で64,000円としていて、まあまあ妥当な価格、金額です。下地補修も3万円と少額であまり大きな修理はなかったようです。この下地、塗装ターゲットの補修は小さなものだったようですこれが大幅に行われると10万円単位で発生することもありますし、実際に補修を初めてたらものすごく大きな不都合が見つかって30万円、40万円、果てには外壁材料そのものの交換が必要になったってことにもなりかねません。この下地の補修は未知数のこともあるので注意が必要です。見積段階での調査の正確さが要求される重要な工程ということです。この見積は下塗りと仕上げ塗りとを分けていますし、仕上げ材、仕上げ塗りは1回の価格が単価で書いてあって、外壁は130平米、屋根は80平米での見積になっています。合計で972,000円になっています。外壁塗装だけ見ると相場より少し高い気がします。足場は単価500程度ですし、本体の仕上げ塗装もウレタン塗料を使って下地塗りを入れて、単価3,300円はシリコン塗料相場より高めです。ぼったくりではないもののやはり相見積をとると高いと感じます。私は弟の外壁塗装にからみましたが、外壁面積170平米、シリコンでの価格は、全体で50万円をきりました。外壁塗装だけを比較すると、約1.5倍の価格です。ウレタンの塗料価格はシリコンより2割り程度価格は低いので、高くても60万円台にしたいところです。外壁塗装屋直接依頼したら、多分この価格でやってくれるはずです。ここは、リフォーム専門会社か、工務店系の店の価格と思われます。
  やはり高いです。コメントにもあるよに水性セラミシリコンは塗装の原価が単価2万円、これを3~4缶使用しますので、塗料の合計金額は、4万円~6万円ですがこの外壁塗装の価格は50万円、職人さんの日当と親方の儲けです。結構儲けが大きい。また破風とは屋根の下の鼻隠し部分で木材ですが、この面積が55平米とかなり広めです。破風とは通常5cm幅の板で、ケラバ部分や軒先部分にありますが、55平米とはとんでもない広さ,55mなら理解出来ますが55平米はおかしいのでは?業者のかなりの方が長さのはずが何故か習慣、慣習で平米と見積に書いてあるのをみます。55平米とはほぼ屋根の面積に匹敵します。そんな広さ、いくら広い家でもこんな広い破風はないと思います。また長さとすると、メーターあたり1,500円は高すぎですね。たった5~10cm幅の板の塗装が1m で1,500円!?業界的におかしな価格になっています。業界では当然の価格かもしれませんが、素人から見ると考えられない価格です。競争があるといっても、高いレベルでの価格競争は、なんだか出来レースのようで悔しい思いがあります。雨樋も同じで雨樋ってそんなに幅のあるものではないです。5cm,6cmの幅のものが大半です。が、何故平米という単位なのでしょうか?長さで単価を出すべきで、これも良く見る価格、見積ですが、雨樋がそんな全体を鑑みても70平米もの広さがある訳がないと思います。軒天は、広い家はたくさんありますので、逆に30平米は狭い印象受けます。 軒天とは屋根が外壁から少しはみ出していて、軒先と外壁との間にある出っ張りの裏が軒天ですが、通常白い塗料で塗装して、黒ずんでいたら雨漏りがあった兆候としています。屋根とその下の部分で結構全体として面積はあると思います。ただ軒天の出っ張りが短い家も多いので、この広さ30平米が適当かは不明です。2回塗りで1,500円は妥当ですがそうすると上のシリコンでお外壁塗装の単価が高いと目立ってしまいます。合計の価格、金額も外壁塗装だけで100万円近い数字ですので、これも工務店や建築会社の価格ではないかと疑います。

このサイトのトップへ戻る

外壁は家の資産を雨、風から守ってくれる重要なものです。 外壁上に少しでもクラック、割れ、欠けをみつけたら
早めの対応をすると、大して費用は掛かりません。 外壁塗装・外壁修理、コーキング、は「外壁塗装ドットコム」へ
           Nobilis Works 「外壁塗装ドットコム」/copy right all reserved